スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSO2βは阿鼻叫喚地獄絵図wやるなら必ずこの記事を読んでください

βテスト初日

テストの参加人数的にある程度は覚悟しておりましたが

実際は予想を上回る阿鼻叫喚となりましたw

 

ラグがひどくて敵が無敵

要所要所で固まる(1分ほどで開放される)

鯖から切断される

 

まぁここらへんは予想の範囲内

人数多いですし初日ですしね

 

一番の問題は『グラボが死ぬ可能性がある』ということ

冗談じゃなく発火や融解の可能性があるんですけどw

 

どうやらPSO2はキャラクリ体験版からFPS制限を無くしたそうです

 

FPSとは?

一人称シューティング(First Person shooter)ではなくて
Frames Per Secondの方

すごい簡単に言ってしまえば、1秒間に何回画面を書き換えるかの数字

実際のPCの画面はものすごい速さで書き換えを繰り返しています
大体人間はFPS60(1秒間に60回書き換える)で違和感を感じなくなります
FPS30で格闘ゲームをやると、自分が操作してワンテンポ遅く動く感じになります
ゲームは大体FPS60止まり。それ以上は意味がない。

 

FPS制限をなくす

つまり性能の良いグラボだとFPS60を突破してグラボの性能を目一杯使って書き換えを繰り返します

そしてグラボの使用率が100%に張り付きっぱなしになり、グラボ温度が上昇

PSO2本スレでは80度や105度といった数値が出てる方もいるそうでw

 

当然高温が続けばグラボはお亡くなりになるわけです

またグラボ使用率100%の影響なのか、電源ユニットが死亡する方まで出てきました

 

他のネトゲは大体FPS60で制限がかかっているそうです

FPS120とFPS60を比べてみても違いはわかりませんし

画面を何回書き換えようと、それを表示するモニタは大体1秒間に60~75くらいまでしか

書き換えしてませんしね

 

とりあえず前準備なしにPSO2βに参加すると

「PCにものすごく負荷をかける」ことになります

最悪グラボなどの部品が壊れる可能性もある

 

なので自分でFPS制限をかけてあげないといけないわけです

というわけで解説してくれてるサイトを紹介

 

「PSO2とか色々」様

PSO2FPS

 

こちらを参考にFPS制限をかけてプレイしましょう

 

注意

グラボの性能がそんなに良くないからFPS制限なくて平気っしょー

という考えはダメ

FPSは表示されてるオブジェクトや処理の重さで常に変動します

性能が良くなくても、軽い処理の場面ではFPS60を余裕で達成できるところもある

そういった場面でFPS制限がなければグラボは高負荷になりますので

今のところはPSO2にはFPS制限は必須と考えておきましょう

 

基本無料とか敷居を低くしてる割には

PCの要求知識(orスキル)はハードル高けぇwww

関連記事
Tag: MHF

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。