スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhotoからAperture3に移行!いきなり障害が!

今までWindowsとMac併用してました。
普段使いはWin、写真の管理はMac

全てをMacに1本化しようと思い、色々設定。勢いでMagicTrackpadまで買ってしまった
その時についでなのでiPhotoからApertureへ移行してみました。
ここが全ての始まりだった・・・

私はiPhotoのライブラリは外付けUSB-HDDに保存しています。
当然ApertureのライブラリもUSB-HDDへしたいのですが
指定すると「未対応のファイルフォーマットです」云々言われてしまい指定できない

USB-HDDの詳細を見てみるとFAT32じゃありませんか
購入してそのまま使用したのが失敗だった orz

しょうが無いのでMacでフォーマットをかけたいのですが、
既にiPhotoやiTuneライブラリが保存されています。総合計で150GByte

どこかに移動するにしても、Mac本体の空き容量では足りない
NASが2テラあるので、そちらに移動を試みるも、コピーしてみたら22時間かかると表示された
まぁ放置すれば良いかと思い、しばらく経ってから見てみると3日かかると表示されているw
しかも、もう少し経ってから見た時は5日になっていた
いつまで延びるか見たい気持ちもあったが、そこはグッと我慢してキャンセル

Macでやるにはどうしても時間がかかりそうなので
USB-HDDをWindowsに繋いで、Win側で同様のコピーをしてみた
7時間ほどで終わるそうで、なんとかなりそう

ただ問題は、USB-HDDをMacでフォーマットした後にどうやってデータを戻すか
当然USB-HDDはWindowsでは読み込み出来なくなっている

うーん、まさかこんな所で躓くとは思わなかった orz

Windowsでは高速ファイルコピーのソフト(FireFileCopy等)があるが
Macでもあるのか色々調べてみた。ふむ、色々な情報がわかったぞ

・Finderはファイルコピーが苦手
・大量 or 大容量のコピーだと壊れている時がある

ふむ、これは覚えておかなくては・・・
そしてウィジェットの「rsyncw」、バックアップソフトの「Backuplist+」を使用して
ファイルの大量コピーを行うのが良さげなのがわかった
ソフトの更新履歴から見ると、Backuplist+が最近更新されているのでこちらを使ってみるかな
関連記事
Theme: Mac - Genre: コンピュータ
Tag: Mac

Comment

  • 2011/10/19 (Wed) 09:20
    しーな #- - URL
    Re: あまり使わないので経験不足ですが

    コメントありがとです!
    そもそもコピー始まる前の段階で延々と準備中が終わらずに一向にコピーが始まらないので
    他のソフトを頼ってみました。結果、らくらくコピーできました(*´ω`*)

    それにしても10GB/10分ってうちに比べてめちゃくちゃ速い
    Firewire?いやMacProでしたっけ?

  • 2011/10/18 (Tue) 04:10
    なぁず #Fztxb0X. - URL
    あまり使わないので経験不足ですが

    たまに使う方法で、あまり大きくないデータでの状況なので使えるかどうかは別ですが、mac<>winでLANで共有設定を組んで、データ移動(本体同士)というやり方で、重要なデータ移動くらいは出来そうではありますが、ファイルの種類によっては無理かな?
    どうしても移動したいファイルであれば手動でっていう、それくらいのものですがw
    友人のwinpcと共有で写真のデータくらいをやりとりする程度しか使わないので、150GBには向かないのかもしれませんが。
    大きいHDDを買った時ファイルの入れ替え等で100GB単位でまとめて移動させることはありますが、ファイル破損云々は起きた事なさそうです。(10GB/10分位はかかっちゃいますけどね)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。