スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ氏死去でショックを受けた(MHF関係ありません)

昨日の朝、スティーブ・ジョブズ氏の死去が報じられた
体調面が悪く、予期されたことだった遂にその日が来てしまった

自分はAppleとの付き合いは短い
なのにものすごくショックを受けた自分に驚いた
なんでこんなにショックを受けたんだろう?そう思いながら過去を思い出し
今の気持ちを形に残しておきたい

自分はかなり小さい時からパソコンを使っていた
OSを理解して使い始めたのはMS-DOS 3.1 まだGUIではない時代

そこから順当にWindowsを使い続けていた
Windowsを使っていれば自然とMacintoshの名前は聞くことになる
ただ記憶にあるのは没落したAppleのことだけ

自分の中ではMacintoshは買うことのないPCという位置づけになった

iMacが出た時も、iPodが出た時も あくまで他人ごと
記事などで見るくらい

仕事柄、たまにMacユーザーからパソコンの調子が悪いから見て欲しいと言われる
そのときは決まって「なんでMacなんだろう面倒だな」という印象を持っていた

iPhoneが発表された時もあまり興味がなかった
docomoで出れば買うのにな。なんて言い訳をしてただのニュースの1つとして見ていた

iPhone3GSが発表された時、転機が訪れる
友人が購入し、直接見て触る機会が出来た
触った瞬間に「これはどうしても欲しい」と同時に「もうなかった事に出来ない」事を後悔した

携帯キャリアを変更するまで踏み出せずにiPod touchを買った。触った当日に

キャリアを変える抵抗なんて数日でなくなってしまった
それ程にiPod touchが触っていて面白かった。
すぐさまにiPhone3GSを購入、本当に携帯電話の再発明だった
touch購入から2週間経っていなかった気がする

ここから今までの反動か、Appleへの傾倒が始まる
iPhoneを作れる会社が作っているパソコン、いったいWindowsと何が違うんだろうか?
今まで係わることを一切しなかったからApple自体に興味が湧いた

色々調べていく過程でジョブズ氏のプレゼン、Appleやジョブズ氏の経緯を知ることになる
調べてみればわかるが、経緯は事実なのだが下手な小説より面白い

またここでジョブズ氏だからこそ今のApple製品があることも知る
いい意味でも悪い意味でも。こだわりなのか、わがままなのか

Appleという会社に対して抵抗がなくなり
Macを買い、iPadを買って今に至る

仕事柄たまに講習会を開いたりするので、ジョブズ氏のプレゼンは非常に参考になる
ジョブズ氏自体も結構好きになった

でも死去によってうけたショックはなんなんだろうか
色々考えてみたら最初のiPhone3GSを触り、touchを買った時の気持ちに答えがあった

あのときの気持ちは「大人になって初めておもちゃを手に入れた」
これが一番正しく表現できていると思う

そして受けたショックは「おもちゃで遊ぶ時間が終わった」時の悲しい感じに似ている

Appleの製品はジョブズ氏一人で作られているものではないことはわかる
でも彼の細部のこだわり、わがままで製品ができているのも事実

孫正義社長の発言でジョブズ氏が未発表の次の作品まで陣頭指揮していた。と言われている。
iPad3なのか、iPhone5なのか、まったく別のなにかなのか
Appleの新製品発表会でわくわくする時間はあと1回残されている

だが死去したことで、もう彼の頭の中にあったアイディアは出てこない
「わくわくする楽しい時間が終わってしまった。つまらないな」これがショックの正体だった

数々の技術革新による生活の変化があった
これらの技術革新が当たり前の世代に生まれなくて本当によかった

昔のパソコン、携帯電話の不自由さを知った上で
iPhone、iPadを使うことが出来たことを非常に幸運に思います

最後に、スティーブ・ジョブズ 本当にありがとう、楽しかった



ジョブズ氏のプレゼン動画は至る所で記事にされている
有名な所でスタンフォード大学の卒業式のスピーチやiPhone発表会のプレゼンなどがあります。

あんまり紹介されてるところを見たことがないのですが
私がお気に入りのプレゼンはWWDC 2005 インテル移行発表会です。是非御覧ください











関連記事
Theme: 伝えたいこと - Genre: 日記
Tag: MHF

Comment

  • 2011/10/11 (Tue) 11:44
    しーな #- - URL
    Re: しみじみ思い出してる

    Appleを知っている人が誰でも思い出すジョブズ解雇からのAppleの没落
    優秀な人材が集まっていることはわかりますが、やはり彼の作る独特な世界がなくなれば
    次第に社風も変わっていき、革新的な何かは出てこなくなるのでは・・・と思ってしまいます

    Apple以外からも当然革新的な何かは出てくるでしょうけど、なぜかAppleから出て欲しいw
    Appleが好きになっちゃったんですね。もう立派な林檎教かなw

  • 2011/10/08 (Sat) 11:20
    なぁず #Fztxb0X. - URL
    しみじみ思い出してる

    初代Power Macを清水の舞台から飛び降りて即死したつもりで買ってから早いもので17年。
    初めて触れたGUIは衝撃的だったのは今でも鮮明です。
    そして時代が移ってからもそのままマカーwなのは変わらず、imacG4を経て今年3代目の新型imacを購入。
    買うたびにどこか嬉しい斬新さがあるのが嬉しい。(まぁosが2つ以上飛んで買ってるからというのもあるけども)

    数年前に買ったipodの電池が消耗して起動しなくなってしまい、新作発表が4日にあると知っていながらも通勤には手放せなくなっているからと3日に購入。
    このタイミングで買うなんて情弱臭いけどと思いつつも、以前の物よりも使い勝手が上がってたりと嬉しく思ったのもつかの間、2000円値下げと続けざまに訃報。
    欲しいと思った物が手に入っているから損した気分になってないのは、元々「アイテム」としての素材が良いからなんでしょうねぇ。(差額は香典代わりだわ;;)
    もうmac本体もipodも、もはや私の生活の一部。無くてはならない存在になってます。
    なのに、今後革新的アイテムが出てくるのか?と思うと寂しい限りです。

    56歳と年齢だけならまだまだ若いのに残念です。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。