スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒麻痺修正後の剛ガロン

毒麻痺の修正に伴い、剛ガロンの立ち回りが少し変わりました。

某掲示板では色々な話が出ていました。
・15回中2回しか成功しなかった
・麻痺拡散4から構成変えないとダメ
・ノノで拡散の残りが25発になったら撃つのをやめてカムの囮をする
・囮笛1にしてカムで弾が尽きたら笛の削り待ち
・やっぱり麻痺拡散4が安定

などなど。いろいろなお話が出ています。

まだ修正後の剛ガロンをやってないんですが、結構剛ガロンで検索されてくる方がいるので
自分の考えを書いてみます。たぶん大丈夫。

やっぱり麻痺拡散4が安定で、以前のように
「おおまかな流れがわかっていればいける」から
「ある程度の打ち合わせがあればいける」に変わった程度だと思います。

それでは「ある程度の打ち合わせ」はこんな感じ

まず麻痺弾がダメージソースにならなくなったので、弾の管理が重要になります。
以前は拡散調合分を撃ち尽くしたら、麻痺調合分を撃てていたのですがそれが出来ない。

いかに弾をムダにしないか。そのためには

捕獲名人必須
当然ですね。捕獲ダメージまで達したら即捕獲です。


捕獲名人持ちがホストを取る
非ホストだと捕獲ダメージまで達していても、捕獲サインが出るのが結構遅れます。
無駄な弾を撃たないためにホストを譲りましょう。


非怒り時に麻痺したらきっちり拡散6発
確定で当てられる状況できっちり当てましょう。


怒り時にランダムボールを当てて、非怒り時>麻痺の流れに
支給品でランダムボールが2つありますので、
拡散6発を3セット。これは確実に当てたい。


予備の弾を持ち込む
これは当然必要ですが、ガンによって異なりますし
果たして何がいいのやら。


ポーチ内容を熟考・相談する
構成によって様々ですが、結構ポーチがきつくなると思います。必須なのは

  1. 秘薬
  2. 古の秘薬
  3. 粉塵
  4. シビレ罠
  5. 捕獲玉
  6. 拡散L2
  7. 麻痺L2
  8. カラ骨小
  9. 竜の爪
  10. 麻痺牙
  11. 調合書1~4

これだけで10個です。調合書入れれば11~14個
他にも、回復薬Gや防御力の関係で守り爪、守り護符
捕獲名人持ちが自動マーキングなかったらペイント弾、ランダムボールなど
結構ポーチがきつくなりますね。

場合によってはポーチに余裕のある人(調合成功率+30%持ちとか)が
余裕のない人のために予備弾の調合材料を持ち込んで
カム移動時に渡してあげるなど必要かもしれません。要打ち合わせ。



こんな感じで打ち合わせすれば、今まで通り麻痺拡散4で安定すると思います。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。